十五夜さん☆

今日は中秋の名月・十五夜です。旧暦の8月15日が十五夜になります。

お月見にはお供え物をしますが、収穫を感謝するお祭りと言うことで、収穫物をお月様にお供えするようになりました。

またススキを飾りますが、ススキが稲穂に似ているためで、稲穂そのものを飾る場合もあるそうです。
ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされ、お月見の後軒先に吊るしておく風習もあるそうです。
CIMG6666_convert_20140908174653.jpg
今年の幼稚園の十五夜飾りです。
マリア様の横のお花は、お隣のおじさんにいただきました。
子ども達は、お花屋お供えより、おまんじゅうに興味があるようです(笑)

日本では月にうさぎがいて、お餅をついているといいますが、月うさぎの伝説があるからだそうです。
また、他の国では月にいるのはうさぎに見えるのではなく、
南ヨーロッパ~大きなはさみのカニ、東ヨーロッパ~女性の横顔、北ヨーロッパから本をよむおばあさん、アラビア~ライオン、ドイツ~薪をかつぐ男・・・色々です。韓国や中国でもうさぎに見えるそうですが、中国のうさぎは、薬草を挽いているのだそうです。
なんだかお国柄ですね♪

今晩は、家族皆さんでお月様を眺めてみてはいかがでしょう☆
ちなみに私は、月見団子を楽しみます♪

PageTop