先生達のお勉強② ~普通救命講習講座~

水曜日の午後から、園内研修を行いました。
札幌市防災協会から講師の方を招き、『普通救命講習』を全職員が受講しました。

CIMG7001_convert_20160826082210.jpg
テキストによる座学と人形を使っての実技を行いました。
CIMG7003_convert_20160826111521.jpg
気道の異物除去のやり方
CIMG7004_convert_20160826111544.jpg
押す場所や叩く場所を教えていただきながらの実践。
CIMG7015_convert_20160826111601.jpg
倒れている人への回復体位の取り方

心配蘇生の手順は、周りの人を呼び、指示を出すところからの実践です。
CIMG7038_convert_20160826111622.jpg
大人の人形だけではなく、幼児、そして乳幼児の人形を使い、それぞれのやり方を学びました。
CIMG7058_convert_20160826113322.jpg
呼吸の確認から胸骨圧迫と人工呼吸、また心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)と続けるのですが、体力を要することを身をもって体験しました。
胸骨圧迫を30回、大人なら胸が5cm沈み込む位まで、小児・乳児は胸の厚さの1/3位沈むまでと習いましたが、やってみるとかなりの深さと強さでしたよ。そして1分間に100回のテンポで絶え間なく行うのは体力勝負だと実感!また人形とはいえ、こんなに押していいのかと躊躇してしまうこともありました。

最後はAEDの使用手順を学びました。
胸骨圧迫する人と、AEDを操作する人に分かれての実習ですが、あわてると手順がわからなくなってしまうことも・・・
CIMG7071_convert_20160826113344.jpg
他にも止血法などを教えていただき、全職員が無事に『救命救急講習修了証』をいただきました。

怪我の無いのが一番ですが、何かあった場合に知識があるのと無いのでは違うと思うので、よい学びの時間を持てたと思います。

PageTop