みんなで一緒に おむすび握りました☆

木曜日、今年度4回目となる『ママのためのつぼみルーム』が行われました。今回は「みんなで作って食べよう!~食育講座~」というテーマのもと、『共食』をメインに、心を込める・心で感じる食を大切に、がんばっている自分にありがとうの気持ちで、握ったおむすびと具沢山味噌汁、野菜の浅漬け、出し殻昆布の佃煮、大学芋をいただきました。

講師は、一般社団法人MOAインターナショナル認定 食育指導員の皆さんと、助産師の阿式先生です。
始まる前の仕込みの様子。
016_convert_20171117072158.jpg
この段階で、すでにいい香りが♪

早速スタート☆
幼稚園では、子ども達と何か取り組む時に導入と言って、きっかけ作りを行います。
今回は導入として「おにぎり」の絵本を読み、子どもの気分になって聞いていただきました。
002_convert_20171117071236.jpg
最初にチャレンジシートに記入していただき、
019_convert_20171117071304.jpg
020_convert_20171117071319.jpg
今回取り組みたい目標を決めました。
続いては講座ということで座学から。その間、子ども達は「ボランティアサークルあはは」の皆さんが託児をしてくださいます。
021_convert_20171117071335.jpg
みんなお母さんから離れて一緒に遊んでいました。
025_convert_20171117071347.jpg
はじめに、お母さんとしていつも頑張っている隣の人を
027_convert_20171117071400.jpg
「がんばってるよね」とお互いに称えタイム♪続いて、
029_convert_20171117071414.jpg
頑張っている自分をナデナデ。ちょっぴり照れくさいそうでしたが、なぜかナデナデしているとあったかくなってくるんです。
続いて、今日のメインテーマ『共食』についてのお話しから。
033_convert_20171117071428.jpg
6つの「こしょく」についての話や「まごはやさしい」について。
041_convert_20171117071456.jpg
「ま」~豆類、「ご」~ゴマやナッツ類、「は(わ)」~わかめなどの海藻類、「や」~野菜類、「さ」~魚、「し」~シイタケなどのキノコ類、「い」~芋という、体にやさしい食事の考えです。
035_convert_20171117071440.jpg
皆さん、お話を聞くまなざしは、真剣でした☆
ここで、成人1人あたり1日に摂取したほうがいいといわれている350gの野菜と、塩小さじ1、ゴマ油たらっとたらしたものが入ったジップロックを親子でモミモミタイム☆
042_convert_20171117071510.jpg
このまましばらく置いておいたら、浅漬けの出来上がり♪
これからお子さんでも簡単にできるお手伝い!ある意味『共食』ですね☆
続いて、お味噌汁のお出汁を試飲してみました。
051_convert_20171117071549.jpg
子どもには、あまりおいしく感じなかったかもしれませんが、お母様方からは「おいしい」の声が。
052_convert_20171117071529.jpg
容器の中身は、出汁昆布と煮干しです。水を入れ、冷蔵庫に一晩置いたものだそうですが、簡単にできて、しかも美味しいんです♪「これなら簡単にできそう!」との声が聞かれました。

手を洗い、おむすび作りです。助産師の阿式先生のお話から。
053_convert_20171117071602.jpg
手には常在菌がいて、消毒など過度に行うことで、良い菌までいなくなってしまうとのこと。
今日は、あえてラップや型を使わず、手で握ってみることに!
はじめは戸惑っている様子も見られましたが、水をつけ、塩を手につけおむすびを作りました。
子ども達は
057_convert_20171117071616.jpg
この通り☆
058_convert_20171117071628.jpg
059_convert_20171117072107.jpg
思いっきりもよく、楽しそうです♪手についたお米は
060_convert_20171117071641.jpg
「バクリ」。これが一番おいしいかも笑
071_convert_20171117071656.jpg
実は、今回は握り比べをしました。
次のおむすびを作る前に、手をほぐしていきました。指をにぎり後ろにやさしく反っていきます。手や指って意外と凝っているそうです。やっているうちに手がじんわりと暖かくなってきました。
次にお子さんと密着するように
072_convert_20171117071708.jpg
ギュッとハグしました。
076_convert_20171117071737.jpg
この感覚が、おむすびを包み込む力加減のようです。
そして、丹田を意識しておむすびを握ります。
東洋医学では、健康と勇気をつかさどる場所が丹田で、気をためる場所と言われているそうです。
よく『腹をきめる』とか『背に腹はかえられぬ』とい言いますが、そのことが由来だそうです。
鼻から息を吸い、丹田から出る感じを意識し、おむすびを作ってみました。
084_convert_20171117071801.jpg
そして、さっそく食べ比べ☆
具だくさん味噌汁に出汁殻昆布の佃煮、大学芋、みんなで作った浅漬け。
088_convert_20171117071812.jpg
「味、違うかも・・・」「どうかなぁ」などと会話が弾みました。みんなで食べるととてもおいしいですよね♪
091_convert_20171117071827.jpg
いつもは、具の入っているおむすびしか食べないというお子さんが、5個も食べたり、食べられない野菜も浅漬けや味噌汁なら食べられちゃったり。
096_convert_20171117071856.jpg
お味噌汁や漬物をおかわりしたり、おむすびを追加で作ったり。おかずはすべて完食でした☆
自分たちが作ったものは、また格段においしいですよね♪

今日は、園にあるお皿を使いましたが、器を変えると
103_convert_20171117071910.jpg
こんなにステキな食事に☆そして、この中には、「まごはやさしい」の食材がすべて使われているんです!

最後に、感想を記入していただき終了。
短い時間ではありましたが、和気あいあいと楽しい時間を過ごすことが出来ました。
『素手で握ったおむすびは、ごはんが口の中でほどけておいしかった』『こんなに塩むすびがおいしいとは思わなかった』
『簡単だけどもおいしい料理に驚いた』などの感想をいただきましたが、調味料も少なく、素材の味を生かした食事のおいしさに私も感動しました。

今朝、参加されたお母様に聞いたお話です。
昨日家に帰ってから、おむすびを作りたいということになり、姉弟3人で素手でおむすび作りをしたそうです。楽しみながら、パクパク食べたということです。
自分で作ってみる、そしておいしくいただく。親子で一緒に取り組んでいただけたことがとても嬉しかったです。

そして、次回!2/1(木)は、手作り味噌を作ります。興味のある方は、ぜひ!一緒にお味噌を作りましょう☆

PageTop