初めての煙道訓練☆

先週の金曜日、防災訓練の一環で、「煙道訓練」を行いました。

火事を想定しての避難訓練は年3回行っていますが、そのたびに消防の方から煙の怖さについてお話いただいていました。
また職員の園内研修で白石区にある防災センターに行き、煙が充満した建物内を避難することで、煙の怖さを身をもって体験したことから、消防の方とも話し合い、今回の煙道訓練を行うことになりました。

DSCF2549_convert_20121109132906.jpg
園庭にテントを組み立て、スモークマシンで煙(吸っても無害のものだそうです)を充満させました。
一クラスずつ、煙道の通り方や避難の仕方を教えていただきました。DSCF2552_convert_20121109132932.jpg
その中で、3つの約束『お・は・し』について教えていただきました。DSCF2566_convert_20121109133015.jpg
避難する時は、「おさない」「はしらない」「しゃべらない(しずかにする)」の約束を守ること、きれいな空気は下の方にあるので、体を低くして、ハンカチを口に当て避難することを教えていただきました。
DSCF2575_convert_20121109133057.jpg
消防士さんの「お・は・しのおは何のことでしょう?」という問いに、年長・年中組は考えながら答えていました。
が、さすが(!?)年少組。
 消防士さん「お・は・しの『お』は、『おさない』だけど、『は』はなんだろう?」
 子ども「はみがきをする!!」
これには、思わず大爆笑の私達でした(笑)

DSCF2557_convert_20121109133129.jpg
「煙くさかったぁ」「ドキドキしたよ」いろんな感想が子ども達からありました。
DSCF2570_convert_20121109133159.jpg
しっかりとハンカチで口を押え、上手に煙の中を通ることができていました。
中には、ちょっぴり怖くって、足がすくんでしまったり、思わず泣き出す子もいたのですが、先生と一緒に経験することができました。
DSCF2571_convert_20121109133229.jpg
テントの中は真っ白で何も見えず、私達職員も思わず戸惑ってしまうほどでしたが、滅多に出来ないよい体験ができた一日でした。

PageTop