もうすぐ ひなまつり

3月3日はひなまつり、『桃の節句』ですね。
幼稚園は3日が日曜日のため、明日みんなでひなまつりを行います。

子ども達はクラスでひな人形を作り、持ち帰りました。
DSCF4321_convert_20130228184252.jpg
     『ひよこクラブのおひなさま制作』
私も未就園クラスで制作したのですが、見本を作りながら屏風に男雛と女雛を貼ろうとして、どっちが右左?と思い調べてみました。

*************************************
現在一般に広く売られている雛人形は関東雛と言い、お内裏さま(男雛)の位置が向かって左になっています。
お内裏さまが向かって右側に座っているのは、京雛と言うそうです。

日本は古来から、左は右より格が高いとされ、京雛は御所における玉座の位置に基づき、古来の慣わしに従って、男雛さまが向かって右側に座っています。

関東雛は、向かって左にお内裏さまが座っていますが、大正天皇が関係しているとされているそうです。
明治時代、西洋の流れを受けて国際儀礼である「右が上位」の考え方が取り入れられるようになり、大正天皇が即位の礼で、洋装の天皇陛下が西洋のスタイルで皇后陛下の右に立たれた事からこの風習が広まったそうです。
明治天皇の時代から皇居が東京に移ったことから、関東を中心にこのご即位時のスタイルが定番となっていき、全国的にも今はこのスタイルが主流となっていったとのことです。
*************************************

ちなみに子ども達と、♪お内裏さまとお雛さま~ と歌っていますが、実は「内裏雛(だいり)」とは雛人形の「男雛」と「女雛」の一対を指すのだそう\(◎o◎)/!
奥深いというか難しいというか・・・

幼稚園のひな人形は
DSCF4319_convert_20130228183506.jpg
関東雛ですよ♪

余談ですが。。。
幼稚園のひな人形は、明日子ども達の降園後、速やかに!!片づけます。
だって・・・嫁入り前の女性ばかりの職場ですから(笑)

PageTop